2614790
ツッコミ掲示板
HOME

2008年07月03日の日記

←06月 2008年07月 08月→
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
スペースでAND検索

分類
いろいろ(410)
特に無い(832)
仕事(468)
日常(303)
CGI(37)
PC系(86)
ネッ友関係(28)
WEB系(37)
らーめん(209)
おでかけ(93)
ゲーム(53)
友達(107)
おもしろ(19)
実家(144)
雑談(41)
スペイン語(60)
ペルー旅行記(21)
旅行記(41)
家(82)
生活(45)
台湾旅行記(7)
ねこ(3)

最新レス
掃除機壊れた
(キタ)11/26 17:14
kindleキター
(moon)05/25 00:13
お釜
(moon)04/05 19:56
襲撃
(moon)01/03 09:53
襲撃
(NOB)01/03 09:27
のうしゃ!
(よしお)04/05 22:29
壊れた!!!
(moon)12/10 22:59
壊れた!!!
(いた)12/10 06:04
いろいろ購入
(イタ)10/21 07:30
ダウン
(イタ)09/23 09:19

最新トラックバック
カタンをやったぞ(日記) 07/20 08:09
蟻の行列
カタンをやったぞ(日記) 07/20 08:09
大和へ
やらかしちまった。(日記) 06/25 10:18

2008年7月3日(木)
分類:ペルー旅行記 [この記事のURL]
リマ市内探索。

近くの遺跡を見たりした。
天野博物館というのがあって、日本語で説明してくれるのがあるのだが、布の博物館としてはすごい。
千年以上前の布が色鮮やかに多数残っているのにオドロキ。

んで、夜に帰国のための飛行機に乗る。












2008年7月3日(木)
分類:ペルー旅行記 [この記事のURL]
リマ一日フリー。
そして同日深夜に帰国の途につきます。

その帰国時間を私たちは知りません。
いや、飛行機の出発時間は知ってるんだけど、ホテルに迎えに来てくれる時間を知らなかったのよ。
で、その辺の公衆電話で日本のオフィスにかければいいか。
と思って公衆電話へ。
・・・使い方がいまいちわからないんですが?
つうことでよくわからないまま1.5solsくらいを電話の中に謙譲してしまった。
これではまずいので、一旦ホテルに戻ってフロントからかけてもらうことに。
そうしたらどうやら誰も出ない様子。
再度どこかでかけなおすことに。

んで、向かったのはワカプクヤーナという遺跡。
クスコの遺跡と違い、石のものではなく、干しレンガの遺跡です。

入場料を払う。
でもなんか言ってる。
なんだー?と思ったら、日本語が話せる職員さんっぽいひとが近づいてきて、
「おつりがないから細かいのない?」って言っていると教えてくれた。
で、その人に連れられて一通りの説明を受ける。
この人は遺跡内のガイドさんで、ガイドがいないと遺跡内に入れないの。
(確かにガイドブックにもそう書いてあった)
でもさ、ガイドさんがいないといける範囲はすごい狭いのよ。
ガイドなしだと入り口に近い10mくらいしかいけないの。
これはガイドさんをつけないと来た意味ないでしょ。と。
そのガイドさんにつれられて中に入る。
何かの手続き(ガイド料とか)がいるかと思いきや、いらないのね。
ガイドさん一緒にいこー。はいー。って感じ。
(ガイドブックにチップを渡せと書いてあったけどね)

で、案内される。
昔は私有地で子供の遊び場だったらしい。
なので結構いたんでるらしい。
30年くらい前に政府のものとなってやっと発掘が進められているとのこと。
ちなみに発掘作業は今も進んでいて、大体30年後くらいまで発掘の予定があるとのこと。
多分もっとかかると思うが、30年後くらいには瓦礫に埋もれている場所がなくなっているのではないかと思う。(裏のらへんは朽ち果てた瓦礫(と言うより残土がつみあがっている)だけのように見えるので、まだそこまで手が回っていないらしい)
ある程度発掘して、観光地化して、発掘費用を捻出してるのかな。
時間がある場合行くと面白い。意外にオススメだな。

と、ついでにガイドさんに電話のかけ方を聞いて、かけてみたらつながった。
(嫁がかけた)
んで、20:30くらいにホテル集合らしかった。

ってことでほっとしたところでリマの民芸品センターへ行ってみた。
まだ午前中のためか、お店はあんまり開いてない。
クスコだとたくさん開いてたのに。
でも、またいくつかマフラーを買った。
昼食はその近くでとるつもりだったが、その店の回転時間が12:30から。
まだ早かったので、近くの電気屋へ。
電化製品はどこも高いね。日本並。

時間がまだあるので、近くの(というかそこからはそんなに近くないけど)スーパーに行って買い物をする。
嫁ばら撒きよう御菓子とか、おいらの会社に持って行くよう御菓子とか。
スーパーは面白いね。

んで、元の場所に戻って(簡単に書いてあるけど、片道20分くらい)食事。
その場所は日本人オーナーがやっているお店とのこと。(ちょっと高級店だった)
ここでもセビーチェを頼んだ。あとよくわからないけど、暖かいサイドメニューを。(揚げ物らしい)
あとビールね。
ここの店は大当たりだったよ。
量もそこまで多くないし。
(ただし、値段はそれなりに)
あとデザートも。
本日のデザートとかかいてあって、それはさすがにスペイン語で説明されてもわからないので、オーナーを呼んでもらって日本語で説明してもらった。
で、頼んで食べたらおいしかったよ。

一旦ホテルに戻って荷物を置いてから、15:30から天野博物館と言うところで予約を入れているので、そこへ行く。
当初行くつもりはあんまりなかったのですが、ガイドさんにいろいろ聞くと、日本語で説明してくれるしオススメ(布の博物館としては世界一だ)と言ってくれたので予約してもらった。(要予約)

ってことで行きました。
最初「ここでいいのかな?」と思うたたずまい。
普通のちょっと高級な一軒家みたいな感じなんだもの。
言われなきゃここが博物館だとは気づかないよ。
ガイドさんが「現地の人には有名ではない」といってたが、そりゃ、わからんわな。
日本人が一番有益な博物館らしいです。
でも外国の人の案内もしてたけど。
で、どうやって入るかわからなかったから、ついブロックを一周してみる。
そうしたらほかの参加者と思われる人がいたので、便乗して入った。

しばらくして参加者がそろったみたいなので、ツアー開始。
展示物は、すげー。
これが本当に1000年前の布かよー!?
と思うものばかり。
いや、布だけではなく土器とかも置いてあるのですが、わかりやすく、面白く並べてあるから楽しいよ。
こういうのを見ていると、技術的には今と大差ないなぁと思うよね。
ただ、自然エネルギーをフル活用しているかエコロジー(ロハス?)な生活をしているかだけかなぁと。
そんなことをしてすごした。

その後嫁がもう一回民芸品やに行ってマフラーを買い足したいというのでいっしょに行く。
早歩き目で。
帰りにホテルでシャワー浴びてから経ちたかったので時間が厳しかったのね。
んで、行って買い物。
時間があれば昼に行ったレストランでもう一回食事してもよかったのですが、時間的にそんなになかったので、ホテルに戻る。
で、隣のトモダチカレーを食べましたよ。
そしたら日本的カレーでおいしかったよ。

最後請求書には折鶴まで添えられてた。

リマの食事はハズレなしで終わった。

最後にホテルでシャワーを浴びて空港へ。
最後にホテルに送ってくれる人は女の人だったのですが、この人の運転怖かった。
ついでに、ほかの人はみんなここに並べばいいよとかやってくれたのに(日本語が話せなくても)、この人だけは車で降りたところまでで終わりなの。
まぁそれでもいいけど。
しかもここから近いドアから入ったところだと言われ(デルタ航空と聞かれたのに)行ったら少し場所違うと言うおまけつき。
この人意外はみんなよかったな。運転手さんも、ガイドさんも。
人もみんなよかったような気がする。

ってことで帰国さー


nik6.63