2614784
ツッコミ掲示板
HOME

2008年06月27日の日記

←05月 2008年06月 07月→
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
スペースでAND検索

分類
いろいろ(410)
特に無い(832)
仕事(468)
日常(303)
CGI(37)
PC系(86)
ネッ友関係(28)
WEB系(37)
らーめん(209)
おでかけ(93)
ゲーム(53)
友達(107)
おもしろ(19)
実家(144)
雑談(41)
スペイン語(60)
ペルー旅行記(21)
旅行記(41)
家(82)
生活(45)
台湾旅行記(7)
ねこ(3)

最新レス
掃除機壊れた
(キタ)11/26 17:14
kindleキター
(moon)05/25 00:13
お釜
(moon)04/05 19:56
襲撃
(moon)01/03 09:53
襲撃
(NOB)01/03 09:27
のうしゃ!
(よしお)04/05 22:29
壊れた!!!
(moon)12/10 22:59
壊れた!!!
(いた)12/10 06:04
いろいろ購入
(イタ)10/21 07:30
ダウン
(イタ)09/23 09:19

最新トラックバック
カタンをやったぞ(日記) 07/20 08:09
蟻の行列
カタンをやったぞ(日記) 07/20 08:09
大和へ
やらかしちまった。(日記) 06/25 10:18

2008年6月27日(金)
分類:ペルー旅行記 [この記事のURL]
クスコからマチュピチュへ
朝も明けないうちから列車移動。

しかし、おいらはものすごく体調が悪い。
頭が痛い。熱がある。吐き気がする。
でも、マチュピチュへは行かねば。

で、移動の電車。
ビスタドームという観光列車なのですが、この列車、暖房がない。
すごい寒い。車内の乗務員さんはばっちりコート着込んでるし。

んで、電車の中でダウン中。
どうしようもなかったのですが、隣の人が助け舟。
中年の日本人のおじさんが話しかけてくれました。
症状を見るに、典型的な高山病らしい。
で、高山病の薬をくれました。
あとはコカ飴(高山病予防にコカ茶がいいらしいので、コカ成分が入った飴をくれた)と食事もロクに食べられないだろうからってバナナまでくれました。
おじさんカッコイイ。
んで、薬を飲んだら結構症状が改善されました。
高山病恐るべし。

そしてマチュピチュ。

すげー。
すぎぇー。

よくこんなところにつくったなぁ。

かんどー。

昼食食べたあとはインカ橋を見た。













2008年6月27日(金)
分類:ペルー旅行記 [この記事のURL]
夜中に目がさめた。
そしてつらい。
熱?お腹が痛い?だるい?
よくわからなかったけど、ヘロヘロしてた。
横になるとつらいので、ベッドの上で壁に寄りかって座りながら寝た。
水を飲みながら寝たり起きたり起きたりを繰り返し。
いい加減つらいので嫁を呼ぶ。呼ぶ声に力が入らず、何回か呼ばないと気づいてもらえなかった。

嫁がおきてくれて、ヒエピタ(っぽいの)を貼ってくれた。
でも、今日はマチュピチュへ行かなければいけない日。
どうしても行かねばならぬが、体が動かないというかだるくて動く気力があんまりない。
行く準備や荷物詰めなど、大体嫁がやってくれた。
嫁曰く、おいらのことはどうしていいかわからないので、とりあえず行く準備をしてみた。とのこと。多分正解。

ようやく体を動かして大きな荷物を預かってもらう手続きをする。
(マチュピチュ用に一泊の荷物を持つだけで出かけるの)
んで、暗いうちに出発。
今日は運転手さんだけ。
運転手さんはスペイン語のみしかできないみたい。
でも人懐っこいような笑顔をする人なのね。

列車の乗車準備をしてくれて、いざ乗車。
そしたら寒いの。
すごい寒い。
同席のアメリカ人っぽい人にも心配された。
ブランケットっぽいものを配られ、二枚もらって防寒したけどやっぱり寒い。
そんな感じで、頭がボーっとする、吐き気がする、お腹が痛い。と言った症状で少しすごす。
吐くかな?吐かないかな?とか思ってて、気持ちわるーってトイレにたった。
吐けば楽になるかなと思いつつ、吐けない自分。よくあるねぇ。
オランダ行ったときを思い出してみた。あんな感じで電車に乗っている間我慢してたのよねー。

で、席に帰ってくると、隣の日本人のおじさまが助け舟を出してくれる。
症状を聞くと、どうやら典型的な高山病らしい。
昨日の山登りが効いたか・・・?
タバコもお酒も控えてたのだが。(一切やってないよ)
こんなときにも嫁は大丈夫そうだった。いいなぁ耐性があって。
高山病になることを心配していた嫁よりもおいらがなるとは・・・少しそんなことになるかもと思ったことはあるけど。
んで、おじさんから薬(ダイアモックス)をいただく。
この薬、ホント効くわ。
見る見る症状が軽くなってくる。
途中で出された軽食はほとんど食べれなかったけど、コカ茶を飲んで、マチュピチュにつくころには何とか動けるまでに回復。ただし、動いたりすると少し頭が痛いので、動くときはゆっくりと歩いてた。

んで、現地に到着するとオスカルが待ってた。
まずはホテルにチェックイン。
そこから街を説明される。マチュピチュの入場券はここの観光協会(だっけ?)じゃないと売ってないので、明日マチュピチュに入るのならばここで買いましょうとか。
んで、バスでマチュピチュまで。20分くらいの道のりです。

マチュピチュ入り口にはホテルが一軒。(値段も高い)
あとは有料トイレ。(1sol)マチュピチュ内にはトイレがないので、ここで済ませておきましょう。

オスカルといっしょに入る。
マチュピチュー。
テレビで見てた光景が目前に!
上り下りするとやっぱり辛かったりするのよね。頭がちと痛い。ので、ゆっくり移動。
途中で、さっき薬くれた人と会ったりした。
「大丈夫?」とか言われたけど、ちゃんと移動できるまでに回復しました。
よかったよかった。

マチュピチュ内は意外と広い。
ゆっくり説明されながら一周すると1時間か2時間くらいは経つね。
で、説明されればされるほど、よく作ったなぁと思うよ。
こんな山の上に。

2時くらいになって、ガイド終了。
オスカルとはここでお別れ。
ホテルのビュッフェ(一人30$くらい。ツアー代金に含まれる)を食べて、インカ橋を見に行った。
先に説明されてないと行く道わからんわなぁ。と思った。
午後になったら人が減ったわ。

そんで、ホテルにいったん戻ってから夕食へ繰り出す。
そしたらレストランでオスカルがビール飲んでた(笑)
友達と会ったからいっしょに飲んでるって。まだ帰ってなかったんかい。

おいらたちは「アイコ」と言うレストランでチャーハンを食べる。
おいしかったのですが、一人前が多すぎて残した。
もう少し少なくならないのかなぁ。。。
(旅行中、メインをひとつ頼んで、サイドメニューをもうひとつ頼むとかよくやってましたが、快く注文に応じてくれました)

お腹もいっぱいになった。
体調もよくなった。普通に食べれるようになったよ。


nik6.63